簡易自転車置き場DIY

庭の木製物置ともうひとつの物置の隙間を使って、
簡単な自転車置き場を作りたいなぁ~と。



この隙間に、ちょっとした簡単なものを作れないかなーと、ジョンと試行錯誤。
本当はきちんと土台を組んで作った方がいいかねぇーなんて話していたのですが、
この豪雪地帯に作るとなると、きっとジョンや私が考えた素人丸出しのものは、
一冬を無事に越せるわけもなく(笑)

フェンス同様、面倒だけど、冬は片付けて雪にやられないものを作った方が、
安全かもしれないねー
という結論に達しました。

ということは、できるだけ釘等を抜くという作業は行いたくない。
そこで考えたのが、ツーバイ工法!←そんなたいしたものではない(笑)

在来工法のように柱を立てて作るものより、素人が作るものであれば、
箱形式の、ツーバイ工法が安全!!
と思い、安価なラティスを箱のように組み立てていけば、倒れる心配もなく、
ただ結合するだけで建つのではないか!!??
と考え付いたのであります。

で、実際ジョンが色々と考えて出来上がった自転車置き場がこちら!
ジャーーン!!結構画になっているではありませんか!!←自画自賛(笑)

屋根のトタンは、素材や色をかなり悩みましたが、
色のわからない私は無難で丈夫なプラスチックの白を選び、、、
これがまぁ(*^_^*)
思ったよりさわやかになり大満足!
木で枠組みを作って、そこにトタンをネジで結合しています。
どうやらトタン用の部品を取り付けて雨漏り防止にしているようです。

そして全体の組み立ては、なんと結束バンド!!(笑)
こんな感じでラティス同士を結束バンドで繋いで、屋根の木の枠組みもそこに結束バンドで繋げているだけ。
物置の面に当たらない部分からは雨が入ってきてしまうので、
プラスチックの半透明の板をネジで固定し、
裏はこんな感じで大きな注射器?からグルーガンのようなものを出して固定していました。
(ジョンに確認するとシリコンだとのこと。)
そんなこんなで出来上がり!!一日で出来ましたよーー!!
小さい自転車なら2台入ります^^
一番時間がかかったのはラティスのペンキ塗りかも、という感じでした(笑)

ジョンさん、頑張ってくれるんだけど、ペンキ塗りなど結構雑なので、
後でこっそりちょっとずつ手直ししてます(笑)←内緒(^_^;)

扉はまた時間が出来た時に考えます♪


フォローする

コメント

  1. かなぶん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ちょうど自転車置き場をラティスでDiyしよう!と考えていて画像検索で
    おしゃれなの~と見ててたどり着きました☆
    凄く良いですね!
    わたしも挑戦したくなりました♪参考にさせていただきますね。 Like

  2. madlas より:

    SECRET: 0
    PASS:
    かなぶんさんコメントありがとうございます!
    2015年5月に設置して、豪雪地帯にも関わらず
    解体せずに2年、まだ全然大丈夫な感じです。
    少々メンテナンスしておりますが、意外と大丈夫な感じです。
    周りの物置の間に守られるように建てられているのが長持ちの秘訣かもしれません(笑)
    簡易的で良いということでしたら、是非、ご参考にされて下さい^^ Like